データサイエンス研究構想コンテスト: 受賞者が決定しました!

令和3年10月23・24日に本学で開催された「データサイエンス研究構想コンテスト」を受賞者が決定しました。
本コンテストには、16研究課題(個人 12名、グループ 4組)の参加登録があり、ポスタープレビュー及びポスター発表が実施され、審査員による審査と聴講者による投票を行い、審査委員会による審議の結果、以下のとおり各賞の受賞者を決定しました。

最優秀賞
「動画文化から考える人々の価値観等の変化と予想」
 総合情報学部総合情報学科 板橋賢志さん

データ解析賞
「対話型プログラミング環境上でのユーザの進捗状況と理解度の可視化」
 総合情報学部総合情報学科 鈴木優介さん

データ活用賞
「機械学習を用いたWebの攻撃・防御手法についての一考察」
 総合情報学部総合情報学科 Web Security Team of Hanada Lab.
(中川佑人さん、小池怜海さん、甲田琉さん、周文博さん、山枡朋生さん)

奨励賞
「株売買シミュレータにおける利益最大化アルゴリズムの提案」
 総合情報学部総合情報学科 西野圭敬さん

ポスター賞
「SNSにおける集客マーケティング」
 総合情報学部総合情報学科 ウォン スーシェンさん

「SNS上における違法薬物販売目的の疑いがある投稿の調査解析」
 総合情報学部総合情報学科 佐藤大宙さん

【選考方法】
本学の教員による審査や聴講者による投票を行い、最優秀賞、データ解析賞、データ活用賞、奨励賞、ポスター賞を選出しました。審査は、1ポスターについて、5名の審査員が独立にポスター発表の内容について審査(審査項目: 研究課題の社会的意義 / データ分析及び解析方法の独創性 / データの有用性 / ポスター発表に対する熱意 / ポスターの出来栄え)し、聴講者の投票結果を加味して受賞者を決定しました。

【本コンテストに対するお問い合わせ】
先端データ科学研究センターまでお問い合わせください。